ゼニガネブログ

ゲーム開発のための小ネタなど。現在はUnityメインでやってます

【Unity】Unity1週間ゲームジャムの作品「スペースイワシップ」を振り返って

先月11月の13~19日に開催されたUnity1週間ゲームジャムに参加させていただきました。

お題が「space」ということでかなり参加しやすいテーマだったと思います。
私は「スペースイワシップ」という作品を公開させていただきました。

スペースイワシップ | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう

それでは開発時の事を大きく4つに分けて振り返っていこうかと思います。
一ヶ月前の事なので多少記憶が曖昧なところがありますが、幸いにもmemo.txtに色々残してあったので


●参加目的
●この企画になった経緯
●一週間の振り返り
●使用アセットの紹介


●参加目的
このイベント自体前々から気になっていたところで、ついにタイミングが合ったので参加しました!
3DやらUnityと疎遠気味だったのでリハビリをしたいというのがメインで
他には色んなアセットを使ってみたい、2017の新機能を使ってみたいというところもありました。


●この企画になった経緯
安直な連想ゲームと言葉遊びから生まれました。
「space」→「spaceship」→「space湿布」

開発中のmemo.txtから引っ張ってきました。

// ============================================
スペース湿布企画
宇宙のどこかの誰かに湿布を貼りにいく
湿布ならではの挙動として以下を実装して、避けるアクションゲームにする
・ターゲット以外でも衝突したら貼り付く
・動かしすぎると捲れてくしゃくしゃになる

いまいちピンとこなかったので湿布を飛ばすシューティングにする
自機が湿布である必要がなくなった?何か3Dモデルない?スペースイワシップ!!!
// ============================================

湿布案も上手く作れば絶妙なストレスが気持ち良い謎作品になりそうだったのですが
猛烈に弾を飛ばしたい気分だったのでシューティングになりました。
自機がイワシになった理由は意味不明なギャグですが、元々無料アセットの中でも
特にイワシとゴリラが好きだったので彼らが参加出来るような物を作りたいと思いました。

 


●一週間の振り返り
・初日
企画決め

・2日目
アセットストアで必要そうなものをリストアップ
自機の移動と弾の発射を実装

・3日目
進捗ゼロ

・4日目
障害物実装、ヒット時のエフェクトやらSEも同時実装
2017の新機能のTimelineを使おうとカットシーンの作成を試みるも
他の進捗が芳しくないため使い慣れたコルーチンで実装
少しでも新しいものを使いたかったのでiTweenではなくDotweenを使用

・5日目
軸やら移動システムをステージ毎に任意軸ベースに動作するよう大幅修正

・6日目
導入部分のカットシーン処理だいたい完成
2ステージ目作成

・最終日
リリースに向けて体裁整えたりするなど

・まとめ
一ヶ月以上前を記憶を頼りに書いてみたので、ものすごいあっさりしてるように見えます。
前使っていたバージョンとの地味な違いや、単純に忘れたり勘違いしていた部分で結構ハマったりして
30分ぐらいで出来るだろうと思っていたところに数時間掛かるなど、全体的に予想していたより進捗が芳しくない状況が続きました。
今のバージョンだと修正されていますがインスペクタのTABバグが本当に辛かったです…。
それでもなんとか一週間でリリースまで持っていけた事は良かったと思います。
リハビリとしては満足できる結果が得られましたが、ゲームとしては恥ずかしい出来になってしまったのが悔しいです。
それこそ昔オレオレライブラリで作ったシューティングの方がよっぽどシューティングしていたと思います…。
この結果をしっかりと受け止めつつ今後の開発を進めていきたいと思います。

 


●使用アセットの紹介

以下今回使用したアセットのご紹介です。

 

イワシ

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/37963

主役のイワシップです。モーション、SE、サンプルスクリプト付き!

Gorilla Character
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/5108
ゴリシップです。モーションも1つ付いています。

Cartoon Cat
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/70180
ネコシップです。顔がかなり特徴的です。
モーションも5つ付いています。

Small Red Dragon
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/52959
ドラシップです。ファンタジー系の敵キャラやオトモキャラにも使えそうです。
フォルダ構成が「Character」から始まって見失いやすいのでご注意下さい。

Rhino Cartoon
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/63658
サイシップです。サイのアセット自体自体珍しい気がしますし
デフォルメ表現もすばらしく、なんとも言えない絶妙な表情が好きです。

"クエリちゃん" model SD版
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/35616
オペレーターのクエリちゃんです。
Creative Commons Attribution 4.0 International License(CC-BY)にもとづいて配布されています。

SpaceSkies Free
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/80503
宇宙用スカイボックスで非常にクオリティが高い!
それに伴いDLサイズも少し大きめで500MB超です。

Space Asteroids
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/96444
形8種類×3色のバリエーションが豊富な隕石です。
DLサイズも21MBとかなり使いやすいです。

Post Processing Stack
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/83912
今年リリースされた公式アセットの中でもっともアツイものの1つ。
デフォルト値で有効にするだけでも見た目がよくなります。

iTween
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/84
老舗アセット。Tween系は基本これで実装しています。

ITween Editor
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/50101
iTweenを使っているなら一度さわっておきたい便利エディタ拡張。
一度自前でiTweenをさわってから使い始める方が勉強になると思います。

DOTween (HOTween v2)
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/27676
こちらの方が動作が高速らしいので、今後の移行も視野に入れつつ一部はこちらで実装しました。

TextMesh Pro
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/84126
元有料アセットが公式に取り込まれて無償化された素晴らしいアセット。
テキスト系は全てUITextではなくこちらで実装しています

Selected U3D Japanese Font
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/337
漢字込みの唯一の無料アセット?「free font japanese」でしか検索してないので他にもあるかも?
M+OUTLINEフォントTESTFLIGHT048 M+Cがベースになっていて、そこから文字数を削ったttfファイルが用意されています。
いつもTextMesh Proとセットで使っています。

Instant Screenshot
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/24122
メッセージウィンドウ用のアイコン撮影に一部使用しました。
ライティングがいまいち上手くいかなかったものはアセットのサンプル画像を加工してます。
シンプルで使いやすく透過pngも出力可能です。
最初はレンダーテクスチャで実装予定だったのですが
アイコン映えするライティングをリアルタイムで行う負荷を考えてと事前生成になりました。


BasicBeamShot Free
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/27665
クオリティのビームエフェクトです。単発ビームと所謂ゲロビが入っています。
サンプルスクリプトがInputを検出して発射していたので外部からフラグを操作して発射するように改造しました。

War FX
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/5669
隕石消滅用エフェクトです。クオリティ高いうえにモバイル用もあり更に
Scaling ModeをHierarchyに設定してくれているので組み込みやすいです。

Stylized Earth
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/94673
背景用の地球アセットです。DLサイズが1MB未満とかなり軽量です。
球体にシェーダで立体感をつけるタイプではなく実際にポリゴンで凹凸が作られているタイプでポリゴン数は5k超です。

Zero Gravity
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/7398
BGMアセットでインタラクティブミュージック用のデータになっています。
Zero Gravityという曲の5つのバリエーションが入っています。(パラデータやステムデータではないです)
ものすごい単純なIM制御を書いてみたところエディタ上では問題なく動いたのですが
WebGL環境だと上手く出来なかったので今回は単発で再生しています。

FREE Casual Game SFX Pack
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/54116
50種類のSEが入っています。
DLサイズも8.6MBとディスク容量に優しいです。
音も使いやすいものが多く入っています。

zz Ruler
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/365
Unity空間内でのオブジェクトの大きさがよくわからない時に使ええます。
特にAssetStoreで購入したアセットなどが多いプロジェクトだと地味に便利です。VRでも便利?
単純に大きさを測るだけなら標準Cubeのスケールを弄って隣に並べるという手もあるのですが
SceneビューにもGameビューにもメジャーが表示されるのでかなりわかりやすいです。
メジャーは10m単位でループするので人によっては改造するともっと使いやすいかもしれないです。

Shortcuter - Simple Shortcut Utility
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/57191
各アセットへのショートカットを作れるエディタ拡張です。
アセットが大量になってくるとどこにあるのかわからなくなったり
ProjectViewがすごい縦長になって操作し辛いのを解消してくれます。

Copyright (c) 2015-2016 Andre "Intentor" Martins http://intentor.com.br/
Released under the MIT license
http://opensource.org/licenses/mit-license.php


Package Uninstaller
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/35439
プロジェクトに展開したアセットを削除できます。色々アセット試してやっぱ使わないから削除と思った時に使えます。
Aさんの作ったBという名前のアセットでも実際にはCフォルダから始まるなんて事があって何がどこにあるかわからない時に本当に便利です。
ただし(DLした)unitypackageを元に解析するので自分でフォルダ構成を変えてしまった場合やバージョン違いのパッケージには注意が必要です。